« いじめを している 君たちへ | トップページ | 写真 »

2006年11月15日 (水)

逃げ場のない人たちへ僕の真夜中の独り言

今日も自殺のニュースが続いている・・・
当人たちはもう追い詰められて
どうしようもなく
「最後の手段」として選んでしまっている。

きれいごとは僕も言えない

つらいことが僕も本当にたくさんあった。

いまも街灯のない山道を
ヘットライトだけをたよりに走っているようだ

けど本当に
自殺ですべてが終わるのだろうか。

まずそのことを考えて欲しい。

世の中は
不公平にできている

世の中は
欺瞞やウソに満ちている

けっして希望を持てとは
僕もいえない。

僕は交通事故から
生かされた一人として
そう思うんだけど

死んでもなにもかわらないんじゃないか?
合理的には説明できない

一言・・・
逃げたっていいじゃないか?
隠れたっていいじゃないか?
誤魔化したっていいじゃないか?

そして大きな声で助けを呼ぼう

「ついでに」生きてみようと思うんだけど

どうかな?


いのちの電話 案内

« いじめを している 君たちへ | トップページ | 写真 »

コメント

「ついでに生きてみよう」
その通りだと思います。
「死にたい」「死んだ方がラクだ」
誰でも一度ならず、人によっては
何度でも?考えることだと思います。
でもそれって、自分が「生きてる」ことに真正面から
むきあってる証拠だと思います。
また、そうやって向きあうことができる自分を
捨てずに生きること・・・
「死んだも同然なら、ついでに生きてみよう」
ぐらいの感覚になれたら、
きっと、自殺って、なくなるというか、減るんじゃ
ないかと・・・
死んでいく自分にプライドを持つか、
生きていける自分にプライドを持つか、
の違いかもしれませんが・・・
「ついでに生きてみよう」
そう思って今日も生きてる自分でした(*^ー^*;)

とめ様コメントありかとうございます。
いやいやチイト重い内容書いてしまって・・・

アクセスログ見るとなんだかそれでもこの記事
「読んでる人」
けっこう多い。

皆さん何かと
「つらいこと」
おもちのようで・・・

本当は「ガンバレ」と言ったほうが
なんですけど。

「ガンバリすぎてもう限界」の人に
カンバレとは言えないでしょう。

まー「ほどほどにガンバろーかな」
でいいんでないでしょうか。

追い詰められた人は
もう逃げ場がないかと思っているかもしれない。

けど
もういちど
力をぬいて暗闇をみてみよう
ボンヤリと逃げ道がみつかるかもしれない。

まずはひと休みですかね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131887/12692240

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げ場のない人たちへ僕の真夜中の独り言 :

« いじめを している 君たちへ | トップページ | 写真 »

無料ブログはココログ

忍者ツール 解析装置

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

休日旅行人HP