« 今年もあとわずか | トップページ | 生まれたての光りを求めて »

2007年12月31日 (月)

終着駅と始発駅

到着の電車は回送電車となりご乗車になりません。

終着駅でよく聞かれる構内アナウンスである。

まもなく2007年が終わりを告げます。
個人的にも色々とありました。

過ぎ去りし時の流れは止めることはできせん。
時は次ぎの方向へむけて刻み始めます。

お待たせ致しました。この電車は当駅始発の・・・

新たなる2008年が始まろうとしています。
この列車の行先はわかりません。

できることなら
平穏無事な一年となりますように。

本年、当ブログにご来訪の皆様方
なにかとお世話になりました。

トラックバック、コメントありがとうございました。
また2008年も引き続きよろしくお願い致します。

ドアがしまりますご注意下さい
そして発車のメロディー
列車はゆっくりとしたジョイント音を刻みながら動きはじめました。

« 今年もあとわずか | トップページ | 生まれたての光りを求めて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131887/17527485

この記事へのトラックバック一覧です: 終着駅と始発駅:

« 今年もあとわずか | トップページ | 生まれたての光りを求めて »

無料ブログはココログ

忍者ツール 解析装置

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

休日旅行人HP