« 原点に日航の「鶴丸」4月復活 | トップページ | こんどは天気予報かっ「美人天気」 »

2011年1月17日 (月)

生態系を壊さないのか? <オオカミ>害獣除去

生態系を壊さないかちょっと心配

<オオカミ>害獣除去の切り札に 大分・豊後大野市が構想
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110115-00000039-mai-soci

 大分県豊後大野市はイノシシやシカなどによる農林被害を防ぐため、日本では絶滅したオオカミを輸入、山に放って駆除する構想を立てている。生態系への影響を懸念したり、法に抵触する可能性を指摘する声があるが、橋本祐輔市長は「他に有効な手だては見つからない。全国のモデルになれば」と訴える。【佐野優】

"ノ(-________-;)ウゥーム・・・
里山が放置されてこーなったのでは

猟友会の方々が高齢化して駆除が追いつかない のもわかる

 シカやイノシシの実態を調べたうえで、市民の理解を得て周辺自治体や国との調整がつけば、中国かロシアからハイイロオオカミを輸入する考えだ。研究センター(仮称)も設けて市民にオオカミに慣れてもらい、山に放つ計画という。

い、いゃぁ・・・こんどはオオカミが悪さしないだろうか対人間でなくても、と思うけど。
現地のひとはどう思っている?

 危険というイメージについても、丸山会長は「通常、オオカミは人を襲わない」と語る。家畜を襲う可能性については、橋本市長は「放牧しない限り大丈夫」と話す。同様の被害に悩む三重県などの計4町が豊後大野市の構想に賛同、5町が前向きという。オオカミに関する情報を提供する研究センターを全国に置く構想を持つ協会は、近く豊後大野市を含む10市町で設置に向けた協議会を作り、啓発に乗り出す考えだ。

うまくコントロールできればいいのだが。

自然と共生していたのに
いつの間にかコントロールしようとする人間・・・
ある意味人間のエゴか(謎)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


↑よろしかったらポチっとな
 ランキングです<(_ _)>


Clip to Evernote
↑よかったらクリップどーぞ

« 原点に日航の「鶴丸」4月復活 | トップページ | こんどは天気予報かっ「美人天気」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131887/50609791

この記事へのトラックバック一覧です: 生態系を壊さないのか? <オオカミ>害獣除去:

« 原点に日航の「鶴丸」4月復活 | トップページ | こんどは天気予報かっ「美人天気」 »

無料ブログはココログ

忍者ツール 解析装置

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

休日旅行人HP