« 厚木駅今昔 フィルカメラとデジカメ | トップページ | バレンタインだね・・・ »

2011年2月12日 (土)

お客様にお願い致します飛び乗り乗車はおやめください(おぃ)
実は日本の鉄道車両がミャンマーにいるのだ

ミャンマーの話ですが

想像をはるかに超えたミャンマーの列車の乗り込み方(動画)
http://labaq.com/archives/51591668.html

さてここの鉄道は
http://ja.wikipedia.org/wiki/ミャンマーの鉄道
より抜粋

概要 [編集]
 ミャンマー(旧称:ビルマ)における鉄道はイギリス(大英帝国)植民地時代の1877年に、最初の路線(ヤンゴン - プローム間)が軌間1,000mm(メーターゲージ・狭軌)によって建設されたのを創始とする。この軌間を採用したのは、インドの鉄道において1,000mm軌間の鉄道を広軌の1,676mm軌間に変更する工事が行われ、その際に車両・線路などの余剰品が発生し、それを流用したからである。

 その後第二次世界大戦中には、日本陸軍によってタイのバンコクからマンダレーまでを結ぶ軍用鉄道の泰緬鉄道が建設されたこともあったが、大戦後にミャンマー側の線路は撤去された。

 現在、中核をなすヤンゴン - マンダレー間622kmの路線などを有するが、元々が中古品で建設された鉄道であったこと、更には整備・保守が行き届いていないことから、いずれも老朽化が進んでいて遅延も多く、乗り心地はお世辞でも良いとはいえない状況となっている。近年まで蒸気機関車も現役で使われていて、それを目当てに日本から訪れる鉄道ファンも多く存在した。なお、鉄道施設を無断で写真撮影することは禁止されおり、写真撮影にはミャンマー国鉄の許可が必要である。

 近年は、日本で不要となった中古車両が数多く譲渡されている。名古屋鉄道・伊勢鉄道・JR西日本・のと鉄道・天竜浜名湖鉄道・北海道ちほく高原鉄道・甘木鉄道・JR東日本から譲渡された気動車の他に、JR貨物から譲渡されたディーゼル機関車が使用されている。

記憶ではLE-Carが多いような
http://ja.wikipedia.org/wiki/LE-Car

2010/11/08
ブルトレ客車はマレーシア、特急気動車はミャンマーへ--旧国鉄車両が旅立ち
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/11/08/066/index.html
より 抜粋
JR西日本はこのほど、寝台急行「銀河」などに使われた「24系」客車をマレーシア鉄道公社に譲渡すると発表した。JR北海道は13日、「キハ183-1 さよなら展示会」を開催する。かつて北海道で花形特急気動車として親しまれた「キハ183」はミャンマーへ譲渡されるとのこと。頑丈で状態の良い引退車両に、海外で活躍の場が与えられた。

海外で日本の車両にばったりと・・・
そんなシチュエーションもあるのかもしれない

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑よろしかったらポチっとな
 ランキングです<(_ _)>


Clip to Evernote
↑よかったらクリップどーぞ

« 厚木駅今昔 フィルカメラとデジカメ | トップページ | バレンタインだね・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131887/50845765

この記事へのトラックバック一覧です: お客様にお願い致します飛び乗り乗車はおやめください(おぃ)
実は日本の鉄道車両がミャンマーにいるのだ
:

« 厚木駅今昔 フィルカメラとデジカメ | トップページ | バレンタインだね・・・ »

無料ブログはココログ

忍者ツール 解析装置

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

休日旅行人HP