« それでも読書なう | トップページ | 計画停電早めに終了~
そういえば朝見ると車の窓と屋根が黄色くなって »

2011年3月24日 (木)

プロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」
その現代版がエアロトレインか

レトロフィーチャーな写真だな

飛行機と新幹線が合体?
1930年のドイツで作られた時速230kmのプロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」
http://gigazine.net/news/20110324_schienenzeppelin/

実は
日本でその現代版とも言えべきものが
あったりする

http://ja.wikipedia.org/wiki/エアロトレイン

概要 [編集]

地面から浮いて走行する浮上走行鉄道は、従来の鉄道の高速化を妨げていた摩擦抗力を大幅に低減し、更なる高速化を目指して生まれた概念である。しかし実用化に最も近い磁気浮上式鉄道(リニアモーターカー)は、最高時速581km/hを記録する一方で浮上・推進に大電力を消費するため、環境負荷が大きい。

そこで、高効率に浮力を発生できる翼を用いて効率的な浮上走行の実現を目指したのがエアロトレインである。今までの乗り物よりも高速且つ環境負荷の低い輸送手段として日本国内で研究開発が進められている。

2020年までに定員350人、時速500kmで走行する有人機体の完成を目標としている。

ちなみに研究室こっちみたいだ

小濱研究室ホームページへようこそ!
http://kohama.niche.tohoku.ac.jp/top-j.html

小濱研究室のホームページへようこそお越し下さいました.
本研究室では環境親和学という理念に基づき,主に流体力学の立場から様々な研究を行っています.
主な研究テーマは,地面効果を用いた高効率高速輸送システムのエアロトレイン,地面効果翼全般,自動車のマフラーや電車のパンタグラフから発生する流体音,突風による鉄道事故の空気力学的メカニズムの解明,自動車の空力,超音速編隊飛行,基礎流体力学全般,ダイヤモンドコーティング,ナノバブル・マイクロバブル,台風発生メカニズムの解明などです.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
↑よろしかったらポチっとな
 ランキングです<(_ _)>


Clip to Evernote
↑よかったらクリップどーぞ

« それでも読書なう | トップページ | 計画停電早めに終了~
そういえば朝見ると車の窓と屋根が黄色くなって »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131887/51207580

この記事へのトラックバック一覧です: プロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」
その現代版がエアロトレインか
:

« それでも読書なう | トップページ | 計画停電早めに終了~
そういえば朝見ると車の窓と屋根が黄色くなって »

無料ブログはココログ

忍者ツール 解析装置

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

休日旅行人HP