2019年2月12日 (火)

秋葉原 御茶ノ水駅

20190210101145

なんーかゲームキャラのコンビニで 入店チャイムもゲームのそれでした

20190210105229


20190210101759

20190210101350

20190210105836

20190210101243

モダンアートではないです 御茶ノ水駅 工事


20190210120309

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶり撮り鉄

Top


秋葉原に行く途中 とその帰り道

久しぶりにカメラを手にした

変化がいろいろと

新宿駅 御茶ノ水駅 秋葉原駅と 工事中

車両中心に

20190210094249

20190210095209

20190210095143

20190210095124

20190210100321


20190210121718

20190210121713

20190210121507

20190210121950


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月30日 (水)

自分のメモ Xenialpup と LinuxMintを デュアルブートしてみた

---*ご案内・警告*---

あくまでも自分が 四苦八苦してできたものです
全員できるとは思えません
真似するときは自己責任


さて

いろいろ試してみたが 結局 パピーリナックスはフーガルインストール
簡単インストールではできなかった

あらたじめ ハードディスクのパーテーション分割して
パピーリナックスは フルインストールとした

イメージとして

//-- 1 Xenialpup -----------//-- 2 LinuxMint --------------//
先頭にパピーリナックス     後ろに LinuxMint

下準備として
GNOME Partition Editor で パーテーション分割

パピーでも良かったがなんとなくこっちのほうがよくできた

リユゔわからんのが怖い

そのあと

1 Xenialpup  をフルインストール
詳しくは 割愛するが

メニューどおり 進めていく

ここではない どこかで パピーリナックスのインストールのやり糧見て

ちなみに ブータブルCD作って 作成

SFSもインストールしますかときたら はい で

インストール

インストール後再起動させて 正常起動したら

LinuxMintをインストール

こちらはブータブルUSBを作って起動
作り方 詳しくは 検索して


インストールを進めていくと
Xenialpup以外にインストールという メニューを選んで

インストール


再起動時 選択メニューの画面が出てきたら 成功

LinuxMintの中ちょっとチェックし 再起動


Xenialpupを起動メニューから選んで
起動 

正常起動したら

 .
 .
 .

細かいアプリのインストールなど 両方行う

わかったかな


わかんないかもな

自分のメモみたいなもん


キモは Xenialpupの フルインストールが
LinuxMintとのデュアルブートに必要と思える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

さよなら2018年 放送 回送列車

この列車は 折り返し回送電車となりご乗車なれません ご注意ください

ドアが閉まり電車が動き出す

///////////

平成最後の年 今年の感じは「災」であった

平成が終わるあと数か月は 平穏な日々であってほしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

小田急ファミリー鉄道展2018 ロマンスカーLSEさよなら展示

Icon

移動中 LSEの向こう側の営業線をGSEが駆け抜けていった
カメラ間に合わなかった

20181020101759

20181020101755

20181020101746

20181020101152

20181020100750

20181020101218

20181020101129

20181020101904

20181020102559

20181020102548

ミュージアム告知
20181020104616

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

新制作協会 第82回展 新国立美術館

Img_3276


長く続く 通路

ここに来る前 ヘッドマークをつけ地下鉄の電車とすれ違った
209系だった 

カメラはとっさに用意できなかった
引退すると後で知った

とことこ廊下を歩き どこ行くかというと

国立新美術館


新制作協会

http://www.shinseisaku.net/wp/archives/16239

なのである

地下鉄の 乃木坂出ると 何やら金属的な チューブ
20180923091420

美術館そばの 道路 壁画もある
20180923092447


20180923093004

20180923095939

20180923095703

20180923093911

ちなみに こちらのツイートがきっかけでして



20180930114624

20180923100807

20180923100757

20180923100745

会場
20180923100857

20180923102247

20180923102037


帰りは流し撮り ちょこっとな
20180923105351

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

ロマンスカーと日本画家 #ファインダー越しの私の世界

Dscf0230
↑ここと 鶴巻温泉駅の階段です いつの間にか きれいに

実は 弘法の里湯に行ってきました
今回行ったときは 土日祝日料金 2時間  市外1000円  大広間無料 個室休憩室は別の模様です
http://www.city.hadano.kanagawa.jp/www/contents/1001000001157/index.html

風呂を出た後 おや
この人ロマンスカーのあの塗装色考えた人 弘法の里湯のとなりにある 施設に飾ってありました

富永岳彦 ウィキペディアより

"また、秦野市に在住していた関係から、市内を走る小田急電鉄より新型特急車輛(小田急ロマンスカー3000形SEのカラーリングの依頼を受け、オレンジバーミリオンにシルバーグレーのツートンを基調とし、白帯を配した塗装を考案。この塗装は、小田急ロマンスカーのシンボルカラーとなり、後に登場する3100形NSE、7000形LSEの塗装へと引き継がれた[2]ほか、オレンジバーミリオンに関しては、50000形VSEや60000形MSEにも引き継がれている。"

20180708165951


20180708165949















<広告>
夏限定の大人の日帰り旅 首都圏 (JTBのムック)<広告>

パソコン・インターネット, 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラカメラカメラァァァ #ファインダー越しの私の世界

<広告>夏限定の大人の日帰り旅 首都圏 (JTBのムック)<広告>

で  ですよ 帰りなんですが
    ・
    ・
    ・
GSEが目の前を駆け抜けていきましたっっ
カメラ カメラ カメラァァァァ
レンズカバー しめていた cryingcryingcryingばかぁ→ボロコンデジなので

電車に乗ると
ぶぁ

まじ クリームロイヤルブルー 鋼製車8000系の並びになっていたが 
ドアしまってた

タイミング悪い

さらにタイミングが悪いことが重なることに

まさか ここで こないであろうと思っていた 
7/10 営業運転終了のLSEとすれ違い あああsadcryingsadcryingemoji

撮れたのは

20180708165944


emojiemoji
この程度でした emoji
20180708165945

【NEW】 トレーン Nゲージ ダイキャストスケールモデル No.86 小田急ロマンスカーMSE

新品価格 ¥828から (2018/7/9 05:16時点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

昔の写真

昔の写真見るとそう思ったりする






20180105050127

20180105050123


20180105050114
20180105050112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

小田急 ロマンスカー

箱根といえば ロマンスカー

まだ、GSEは撮ることできていない。
すべて制覇はしていないがだいぶ撮ってきた。

乗ったのはだいぶ前、LSEに家族で乗ったことだろうか。
たまたま取れた席が、先頭車両。本当の展望室ではなかったけれど、

記憶は残っている。

20060101000614

20160228172411

 

広告
るるぶ箱根’19 (るるぶ情報版 関東 14)

箱根湯本温泉 湯本富士屋ホテル

 

20180329163416

箱根湯本からの箱根登山電車もいい。

うなりをあげて勾配を登っていく 。

20160809074819








 

このLSEそろそろなくなるらしい。あと何回撮ったり乗ったりできるだろうか。

20160221081156








| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧